柏秦透心の「王様の耳はロバの耳」

カテゴリ:イベント


久々『勝手にコラボ』企画w


~携帯紛失事件?~



?「あれ!? 携帯が……ない!」



?「なんだこれは」
?「主! そんな得たいの知れないものにむやみに触らないでください!」
主「堅いこと言うなよ」

?「っ、わあ!」
主「ほお。何やら初めて聞く音色だな」
?「な、何かやはり罠がっ」
主「何やら文字が書かれているな。……このよく分からん印はなんだ?」


?「もしもし」
?「箱がしゃっ、しゃべった!」
主「落ち着け氷李。この穴から聞こえるな」
?「その声はもしかして」
主「おや。この声は」
?「これは、ご無沙汰していますね」
?「緯仰おにいさん、誰が出たの!?」
主「真夜殿」
氷「主!?」
緯「真夜ちゃん、どうやら携帯が神隠しに遇ったようだよ」
真「神隠し!?」
主「丸崎に真夜殿か。一体どこから声を出しているんだ」
緯「すみませんね。たぶん、今あなたが手にしているのは、こちらの連絡手段の携帯電話といって、声と声で直に遠距離でも会話ができるものなんですよ」
主「そんなものがここにあるということは」
緯「また鏡の悪戯でしょうね」
真「緯仰おにいさん」
緯「ああ、ごめん。忍びの里の首領だよ」
真「え!?」

真「も、もしもし」
主「やあ、久しぶりだな真夜殿」
真「お、久しぶり、です……」
主「これはいい。まるで真夜殿が、私の耳元で囁いてくれているみたいだ」
真「え!」


緯「また何か意地の悪いことを?」
主「いや、思ったことをそのまま言っただけだが」



   ***



?「ん? なんだ??」
?「何か光ってるな」

?「もしもし?」
?「うおっ! たっつぁんの声が聞こえるぞ?」
辰「へ? えーちゃん!?」
永「おう!」
辰「てぇと……鎮破。お前、携帯なくしたわけじゃないみたいだぞ」
鎮「……」
辰「よかったな、お前にしては珍しい不名誉なことにならなくて」
永「お、鎮破いんの? てかこれ面白いな。ほいよ星来! この穴に耳当てて」
辰「えーちゃんよぉ……鎮破、ほれ」
鎮「なんだ」
星「これがどうだというんだ」
鎮「ほう……忍びのお務めご苦労といったところか」
星「……余計な仕事を増やしたな」
鎮「俺は知らん。鏡の管理については、そちらの頭領の領分だろう」
星「……」
永「え、オレに戻さなくても」
辰「もっしもし? あれ、えーちゃん? ごめんな、うちの大将厭味ったらしくてよ」
永「厭味……ねぇ」
星「……」


   ***


?「ん? んん? おぉ!?」
?「玲祈様、どうしました?」
玲「け……オレの携帯がっ」
?「まさか、なくしたんですか!?」


?「これなに?」
?「どうした、丸」
?「この小さい塊が動いてる」
?「なんだそれ」
?「あ、動きが止まった……って剣、迂闊すぎ」
剣「う、うるせぇなあ。この感じは見覚えがあんだよ」


剣「て、うわっ、動きやがった」
丸「色々光ってるし、文字が書いてある」
剣「この印はなんだ?」


?「もしも――」
剣「喋っただと!?」
?「もしもし?」
丸「剣、貸して」
?「なんだよ暁哉、オレの携帯繋がったのか。ちょっと貸せよ」
暁「ちょっと玲祈様、待ってくださ――」
丸「……これは、玲祈とお付きの暁哉の声が」
剣「なに、玲祈!?」
丸「うん、この穴から」
玲「もしもし」
剣「お前、玲祈か! どこに隠れてやがるんだ!」
玲「ああ?! その声は剣かよ! ていうか、いつの間にオレの携帯持ってってんだよ!」
剣「は? なんでオレがお前のけいたいとやらを持ってこなきゃなんだバカがっ。隠れてないで出てこいっつーんだよ」
玲「お前の方がバカだっつの。それ携帯電話っつってな、糸無しで話せんだよバ~カ」
剣「知るかそんなこと!! だいたい馬鹿バカ言ってるてめぇの頭の方がな!」
丸「また始まった。二人とも馬鹿なんだよ」
剣「こんな奴と一緒にすんな!」
玲「こんな奴とはどういうことだよ! 喧嘩売ってんのか!」
剣「お前が売ってきたんだろうが!」
丸「五月蝿い……」
?「丸。剣どうしたの?」
丸「馬鹿な二人がまた馬鹿みたいに喧嘩してる」
?「二人?」
丸「うん。説明するのも馬鹿馬鹿しいから、シン止めて」
シ「え? え??」


   ***

真「というわけなのよ」
シ「また鏡が……わたし最初剣が一人でなに喚いてんだろうって思ったんだけど」
真「確かに事情を知らない人や、立ち位置の角度からすれば、一人相撲という痛い称号つけられても、仕方ないんじゃない?」
シ「真夜の言葉って……面白いよね」
真「ん?」
シ「あっ、それで……えと、すごいねこれ。真夜がいないのに、隣で喋ってるみたい」
真「だね。ホントに私も隣にいるように思えてくるよ」
シ「ここにいないのに、ね。本当に傍で話しているみたい」

主「なにやら私が言ったことと似たようなことをシンが言ったような気がするが……その後の展開がまるで違うような……」
氷「主」
剣「いきなり話さなくなりやがって。はっ、怖気づいたか」
丸「でんちぎれ、って言ってたよ」
永「星来よぉ、鎮破に何言われたんだよ」
星「……」
永「たっつぁん曰く、鎮破が厭味を言ったらしいが……お前何かしたか」
星「……」


真「でもこうやって、シンと携帯電話で話せる日が来るなんて思わなかった」
シ「真夜達に接してると、驚きがたくさんあるよ」
真「ふっふっふ。こっちに来たらもっと驚くよ」


   ********


久しぶりにやってみました。
やっぱり創作って休養に一役かうなあ。

えー薄いネタですが、
勝手にコラボ企画ですので、
自己満足ということでw

PICT2495
久しぶりに……どのくらいぶりかわかんないけど、地元に戻ってきた友達と、月灯りを愛でにデートに行って来ました(笑)

地元の県随一の神社で行われる、竹の中にろうそくを入れて境内中をライトアップするイベント♪

そんな幻想的な中で、お神楽や雅楽の演奏もあったり。

その場で聞くのもいいですが、遠くにその音を聴きながら、淡く照らされた境内散策は、もうとろけちゃいそうなくらい(*^▽^*)ェ

さらにこのイベント、懐中電灯代わりに、提灯を貸してくれるんですよ!
タダで!!


しかも久しぶりの友達とのトークに私の喉はデッドヒート(笑)

『神々の月灯り』と題しまして、春には花灯りもやっておりますですよw

春にはこないだ帰国しちゃった外人友達と行ったのですが、提灯を絶対離さないんですよ(笑)
お賽銭入れる時とか何かするときに、「持っててあげるよ?」って言ってても!
どんだけ和風好き!

今日の友達も、というかキュンちゃんですが(笑)
和風好きなので、お気に召していただければと思いましたですよ?
RPG作りたいねなんて話したりw

ちょっち未来の夢の話をしたり。
夢は語るためにあるのだ(笑)

あま~り公言せずきましたが、
実は「柏秦透心」的には、本日誕生日を迎えます(笑)

古い友人と夏になる前に、
「ついにアラサーか!?」
「数ヶ月後に己も仲間入りじゃ~」
「でもまだだもんね」
というやり取りをして、まさに数ヶ月経ったわけでして……

 去年までは、どんなんでもとにかく誕生日だけは楽しみに生きてきたのに、今年は悩みまくりに忙殺さ加減が重なり、超ブルーな日々ですっかり待ち焦がれるどころじゃなかった

そう、もうすっかり超ブルーなんです

 昨日の習字では、溜め息ついたら後輩に、
「溜め息ついたら幸せ逃げるんですよ」
って言われたけど、そのすぐに後輩が溜め息つくし、妹までつくし、
なんか
「ダメじゃん」
てみんなで笑っちゃいました
続きを読む

今日は英語で言うと、「The god's flower light 」に行って来ましたw
地元っティーには分かるイベント♪

かわいいカナディアンフレンドと夜デート(笑)
とってもキュートなんです!

なんか日本語・英語入り乱れの会話のあとは、日本語と英語がチャンポンしてる上にカタコトなので、ご注意下さいw

そして会場でやっちまったかも私……
ラスボスに出くわしちゃいました!
しかも二回も……

それだけでも気疲れなのに、まさかの前任幹部連の酔いどれ集団に遭遇……社会人一年目でお世話になったボスに久し振りにお会いしたのですが、絡まれた気分ですw
てかぶっちゃけ絡まれた(絡み酒><)
ほんで二人して二次会に拉致られるところを固く固く固辞して帰ってきましたよ!
えーん。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン
面白かったけどね!

違った意味で疲れちゃった。

けどけど、やっぱり蝋燭でのライトアップに雅楽の音色って、神秘的ですよぇ~♪
癒されましたよv

首が回らなくなってきた~(/TДT)/

今年は異常に様々な事由が重なって、休みもとれないほど仕事がたまり、積み上がっております。

ほんっとうに首が回らなくなってきて、ある式典にも今年は出れないことが確定しました(ρ゚∩゚) グスン
みんなごめんね(><)
あとで手紙とか送るからね!!

そしてそんな首回らないってのにやっちゃった私。
いや根本ミスはこちら側じゃないのですが、確認時気づかなかった私も悪い。
先週のあの状況じゃ仕方ないと自分慰めてあげたいけど……。
明日積み上がってるアレ一掃しないとあっちが(゚Д゚≡゚д゚)
てかホント一秒10連打くらいしないと無理!!
OO長さん方! お願いアレちゃっちゃか返すから、あっち終わるまで持ってこないで~(ノ◇≦。) ビェーン!!

やりたいこともいっぱい詰まってるのに~!!!!!
全然出来てない……( ̄▽ ̄;)!!ガーン
(とか言って裏ではちまちま色々やってます)

このページのトップヘ