時が止まったままの十年前のものを引っ張り出してみた。

十年だしね。

そしたらやっぱり悔しい悲しいが強い感情だった。

というわけで、
今更ながらいま一度喧嘩売られた気がして、
今宵は夜明けまで完徹の所存。

これを原動力にするのは正直もう嫌だけど、
ここ何日と止まったままのものを動かしてくれるならなんでもいい。

もう少し自分出してもよいよね。
もう少しわがまましてもよいよね。

完璧じゃなくていい。
回り道したっていい。
人と違ったって、いい。

はず。

他人にそれを許すなら。
自分にも許してやろう。



なんだか吐露詩になっちゃった。