私の場合音楽療法に走ってくると末期に近い可能性があります。
お風呂にまで音楽持ってかないと居られない時にはアウトです。

というのが5年前の症状だったなぁ……。

音楽で常に気を逸らしてないと生きられなかった時期が1度だけありました。

よかったよかったこの世に戻ってこれて(え)

そういえば置物のようになってただ陽だまりに座ってた時期もあったなぁ、遠い昔。
四角い窓ひとつだけが外界との接点だった。
案外暗い人生なの?

ちょっと自己分析に走ってみる。


暗いなぁ記事……


久しぶりに書き書き活動の話をしようかなっと。

玲祈単独の話も考えてたりするんですが、
玲祈が忍者家系だったりするのは私が忍者させたかったからが一番だと思います。

特撮好き忍者好き冒険おてんば大好きという柏秦。

「5人の中に一人そういうのがほしい」
というただそれだけで玲祈にそういう設定が付きました(笑)

なぜ玲祈か。
いちばん軽そうだったからw

頭っていうか身っていうか。

やんちゃで単細胞でこいつに忍者って付けたらさらに面白いなって。

忍者って「忍ぶ者」って書きますが、
玲祈だって忍べます、たぶん(え)

単細胞では出来ない職業だと思いますが、
結構天職かもしれません。

なんせ玲祈の四式家は現代の家業が警備会社っていうかボデーガードの会社(笑)

会社の社長は衿子ママ。
そんな感じのお家ですw


こういう話は楽しいんだよなぁ……誰か語ろーよー(ノ_・。)クスン